担当者からのアドバイス

担当者からのアドバイス(660)

『不動産査定』とは、“売れる価格の予想”です。

 車などの査定と違い、価格の決定ではありません。

 不動産は世界に二つとなく個々それぞれ違うものであり、査定より高く売れる場合もあれば、安くても売れない場合もあります。

 

 また、売り手(供給)と買い手(需要)のバランスで不動産の相場は形成されています。需要が供給を上回れば当然、実勢価格も上昇します。

 

 従って、大切なのは査定価格よりも「売出価格」です。「売出価格」を見誤り、長く売りに出ていると、お客様から「なぜ、この物件は売れないのだろう?」「何か売れない原因があるのでは?」と、悪いイメージがついてしまい、ご近所からも「○○さんのお宅、まだ売れないの?」となってしまいます。

 

 現在、明らかに買い手市場であり、売主様にとっては非常に厳しい状況にあります。ですから、今すぐ売却する必要がなければ、悪いイメージが付くだけですので、売りに出さずお持ちになるか、売却以外の方法をお考えになることをお勧めします。このような時代、相場よりも高く買ってくれるお客様はいらっしゃいません。

 

 ただし、いずれ売却をお考えであれば、なるべく早く売却されることをお勧めします。

 

その理由は・・・

①土地は今後しばらく、下落傾向であること。

②建物は年々減価償却し、建物価格は年々下がっていくこと。

③空家や空地が増加しており、今後競合物件の発生が増加する傾向にあること。

④少子化の影響で、マイホーム購入者が徐々に減少傾向にあること。

 

 弊社は早期売却のために、住友不動産販売㈱をはじめとした同業他社と相互協力を図り、新聞折り込みチラシやインターネットの不動産ポータルサイトへの掲載、不動産情報誌への掲載など全力で販売活動を行いますが、売主様の協力も不可欠です。

 

 売主様にとっては、長年ご所有してこられた不動産は思い入れもあり、大切な資産です買主様との“良縁”が得られますよう精一杯頑張りますので、是非弊社に売却のご依頼をお願いいたします

 

株式会社PREDIO PLUS(プレディオ プラス)

代表取締役 伊藤 崇詞(たかし)