おすすめ街情報『杁中・八事・塩釜口』

その他

おすすめ街情報(塩釜口方面)(640)

『塩釜口方面の眺望』
説明

『天白区元植田』内から『塩釜口』方面を撮影しました。

『杁中・八事・塩釜口』周辺について

■教育施設が多い『杁中』

■交通の利便性の高い『八事』

■学生の街が広がる『塩釜口』

このエリアは、「緑が多く文教地区が多い人気エリア」です!

名古屋市内でも「緑あふれる閑静な住宅街が広がる人気エリア」です。

名古屋市中心部へのアクセスも良く、また人気の高い公立学校や多数の大学が集積する「文教地区」が多いエリアです。

「文教地区」は、お子様のいるご家族からは特に根強い人気があります。

イオン八事店をはじめとするお買い物施設や総合病院も多いためいざというときも安心ですし、身近な場所に観光地やスポーツ施設もたくさんある地区になります。

 

地下鉄鶴舞線『いりなか』『八事』『塩釜口』は、名古屋市中心部の名古屋駅や栄方面だけでなく、トヨタ自動車で有名な豊田市の中心部とも結ばれています。

また、地下鉄名城線も乗り入れている『八事』は、『金山』にも直通アクセスが可能です。『金山』は5つもの路線を利用でき、愛知県内の様々な方面へ便利に移動できます。

 

『杁中』エリアは、南山大学があって、学習塾も多数あります。そして、以外にも「平坦な土地」も多く、マンションの増加にともない人口も増えました。

今では名古屋市内で人気の学区も多くあり、「子育て中の方に特に人気の購入需要の高いエリア」の一つと言えます。

 

『八事』エリアは、中京大学があります。丘陵地が中心で、江戸時代から「八事興正寺」が繁栄して大勢の著名人や有力者の別荘が建てられ、現在では名古屋の三大住宅地の一つ数えられています。大通りには中高層のマンションやおしゃれなショップ、学生向けの飲食店などが立ち並び、幹線道路から1本入ると緑豊かな高級住宅街が現れます。運転手付きの車が行き交う毎朝の光景は、八事ならではの特徴の一つと言えます。

 

『塩釜口』エリアは、名城大学があります。このエリアは、ファミリー層はもとより、学生向けのアパートやマンションがとても多く建っているエリアで、朝・夕の通学時間帯は多くの学生でにぎわっています。弊社も『塩釜口』駅2番出口より徒歩1分・約80mにあります。実直的なところ、上の『杁中・八事』エリアとは旗色が少し違った、「いい意味で少し庶民的なエリア」だと言えます。

 

なお、特に『八事』地区は、昔から富裕層が多く暮らしていたエリアで、物件価格は「新築マンション」ですと「1億円超」もめずらしくありません。築年数を譲歩すれば約1,000万円から購入可能です。

土地は1億円を超えるものも比較的多くありますが、売れ筋は5,000万円から6,000万円ほどの物件が人気です。あと、『八事』地区は土地の規制が厳しい、「建ぺい率30%」に制限している地域も多いため、1区画がほかの地域よりも大きくて「約100坪」ほどが一般的で、「ステータスを得たい方」におすすめです。

 

 

おすすめスポット

■イオン八事店

地下鉄『八事』駅徒歩1分の立地にあるイオンです。そんなに大きなイオンではありませんが、落ち着いた大人な感じのイオンです。

 

■八事興正寺

1686年に創建され、尾張徳川家の祈願寺として発展しました。興正寺公園内に位置する約30万㎡の境内は、西山普門院と東山遍照院の2つのエリアに分かれています。

西山普門院に建っている東海エリアで唯一の「木造五重塔」は、国の重要文化財に指定されています。本尊が祀られている場所は、東山遍照院の大日堂です。

境内は自然が豊かで、桜や紅葉の名所でもあります。毎月5日と13日に行われる縁日では多くの屋台が立ち並び、たくさんの参拝客が集まります。

 

■塩竃(しおがま)神社

天保6年(1835年)名古屋城築城の折に奥州国の武将、岩田藤忠公が名古屋城築城工事安全・無病息災を祈願し、奥州一之宮盬竃神社の御分霊を尾張国にお迎えされ創建されたそうです。

盬竃(塩釜)神社のさまざまなご利益として、まずは海の神さま、かつて入り江が近くにあったそうで、堀川や運河での航行安全を願い祈願されているそうです。

また、名前の由来通り塩の神様、人間になくてはならない塩の製法を授けてくださった神様として信仰が寄せられているそうです。

あと、海は母なるという考えから、産業発展、延命特に安産、育成安全にはご利益があると言い伝えられているそうです。

 

■山崎川四季の道

規模はそんなに大きくありませんが、瑞穂区にある東海エリアのお花見スポット上位にランキングされている「桜の名所」です。

桜の時期は昼間だけでなく、夜のライトアップもおすすめです。

桜が過ぎた「ハナミズキ」の頃もすごく素敵で、のんびり川沿いを散策されてみてはいかがでしょうか。

 

■東山荘

瑞穂区の高台にある大正時代に活躍した綿布商の山荘として建てられ、昭和初期に名古屋市に寄贈されたそうです。

かつては名古屋市長公舎として利用されてきたそうですが、現在は一般公開され、茶華道などの会場として貸出されているほか、時々弦楽器のコンサートやトークショーなどのイベントも開催されているそうです。