名古屋市「区別」空家ランキング

名古屋市 イメージ①

『空き家率』、『空き家数』のランキング

少子化の影響を受けて、日本各地で『空地・空家』が増加しており、もう決して他人事ではありません。

 

現在、名古屋市内に『空地・空家』をご所有しておみえの方は是非ご確認ください。

 

平成25年「住宅・土地統計調査結果」を参考にして、名古屋市「区別」『空き家率』『空き家数』のランキング調査を行いました。

 

皆さんは、『空き家率』『空き家数』は「どの区」が1位かご存知でしょうか?

 

※詳細は、名古屋市の平成25年「住宅・土地統計調査結果」(こちらの罫線部分クリックしてください)をご確認ください。

空家 イメージ①

①『空き家率』ランキング

1位 :瑞穂区   15.7%

2位 :西区    15.1%

3位 :中村区   14.2%

4位 :名東区   14.1%

5位 :昭和区   14.0%

6位 :南区    13.9%

7位 :北区    13.9%

8位 :天白区   13.8%

9位 :守山区   13.3%

10位:千種区   12.7%

11位:中区    12.7%

12位:港区    12.6%

13位:熱田区   12.5%

14位:東区    12.4%

15位:中川区   11.6%

16位:緑区     9.6%

 

(※参考/全国平均:13.5% 愛知県平均:12.3%)

②『空き家数』ランキング

1位 :千種区   13,400戸

2位 :中川区   13,190戸

3位 :北区    13,150戸

4位 :名東区   12,820戸

5位 :天白区   12,450戸

6位 :中村区   12,440戸

7位 :西区    12,070戸

8位 :守山区   10,480戸

9位 :南区    10,170戸

10位:緑区     9,880戸

11位:瑞穂区    9,560戸

12位:昭和区    9,420戸

13位:港区     9,350戸

14位:中区     8,800戸

15位:東区     6,110戸

16位:熱田区    4,440戸

空家 イメージ②

名古屋市の「区別」の『空き家率』が最も高いのは「瑞穂区」の15.7%となっています。

2番目に高いのは「西区」の15.1%で、3番目に高いのが「中村区」の14.2%でした。

 

平成25年の調査結果では、名古屋市の『空き家率』の上位14位までの行政区が、愛知県平均よりも『空き家率』が高いことが分かり、「緑区」を除くすべての区で『空き家率』が10%を超えていることが分かりました。

 

次に、『空き家数』が最も多い上位3行政区は、「千種区」の13,400戸、「中川区」の13,190戸、そして「北区」の13,150戸の順となっていることが分かりました。

 

現在、【空地・空家】をご所有しておみえの方は、是非下記の参考【特集】ご確認ください。

参考【特集】

見てみたい罫線部分「クリック」してください。

 

トラブル回避のコツ⑤「空地・空家」こちら

 

名古屋市「区別」人口ランキングこちら

担当者からのアドバイス