⑧「北区」どんな街?

北区①

(1)名古屋市の北の玄関口「北区」

「北区」は、緑豊かで花に囲まれた公園と商業エリアに代表される名古屋市北部の街です。

 

「北区」には、閑静な住宅地も多く、都会でありながら自然の美しさを堪能できる街とも言えます。

 

名古屋市北区は、文字通り名古屋市内の北部に位置しており、北側は北名古屋市や春日井市に隣接し、南側は名古屋市中区と東区に隣接している、面積17.53k㎡を占めています。

 

2019年5月1日時点における「北区」の人口総数は163,421人、世帯数は79,027世帯となっています。

 

「北区」の交通網は、鉄道や市営バス、幹線道路が充実しており、鉄道に関しては、JR中央線名鉄瀬戸線及び小牧線、名鉄小牧線との相互乗り入れをしている名古屋市営地下鉄上飯田線地下鉄名城線が乗り入れており、利便性が高く鉄道網が充実しています。

さらに、幹線道路としては、国道19号線や41号線、北区内を東西方向に走行する名古屋第二環状自動車道や、南北方向に走行する名古屋高速1号楠線が整備されています。

 

「北区」には、公営・公団住宅などの大規模な住宅団地も多くあり、新築建売住宅や分譲マンションといった物件も豊富に提供されています。

 

新築建売住宅に関しては、地下鉄名城線の各駅から徒歩10分圏内の物件であれば、3,500万円前後~4,500万円ほどの予算で、4LDKの間取りが販売されています。

土地の場合は、エリアや個々の物件によっても大きく異なりますので、その都度最新の情報をご確認くださいますようお願いいたします。

 

賃貸物件については、間取り別の月々の家賃は、1R~1LDKの場合、月額5.3万円程度、2K~2LDKの場合、月額6.5万円程度、3K~3LDKの場合、月額7.2万円程度、4K以上の場合、月額10.5万円程度となっています。

 

人気のレジャースポットとしては、「名城公園」「洗堰緑地公園」「志賀公園」といった緑豊かなエリアのほか、商売繁盛の神様で知られる「山田天満宮」などが挙げられます。

 

また、ショッピングスポットとしては、「黒川」駅周辺や「大曽根」駅周辺が人気のエリアになっています。

北区③(山田天満宮)

(2)「北区」には商店街がたくさんあります

「北区」には、商店街が大小合わせて8箇所あります。

 

代表的な商店街のひとつは、大曽根商店街「オゾンアベニュー」が挙げられます。「大曽根」駅または「森下」駅からすぐの立地にあり、飲食店や洋服店などが連なり、毎月第2土曜日の朝8時には、新鮮な野菜や魚が購入できる恒例の朝市が開催されています。

 

そのほかにも名古屋城の北東にある「柳原商店街」も大規模な商店街で人気があり、約65店舗が集まっているそうです。毎年8月に開催される夏祭りや露店も人気です。

北区②

(3)その他のおすすめスポット

「北区」は、水と緑に囲まれた自然豊かな公園が多いことから、「水と緑のまち」の異名があるそうです。

 

区内には、庄内川と矢田川を代表とする、大小さまざまな河川が流れており、その周辺には、志賀公園、楠公園などが整備されています。

 

各公園には、広い緑地のほか、野球場などのスポーツを楽しめる設備が整っており、休日には親子連れでにぎわっているそうです。

 

夏場には、堀川の上流にあたる「黒川」で、川遊びを楽しむイベントが区の主催で企画され、自然環境を活かした体験教室を楽しむこともできるそうです。

 

また、北区内には、「北スポーツセンター」があり、年代を問わず、多くの市民の皆さんが、スポーツを楽しめる場として積極的に利用されていらっしゃいます。

 

「名城公園」は、名古屋城の北側に位置しており、広々とした芝生広場や、北区の木である「さくら」を楽しむことができるレジャースポットとして人気が高い公園です。
敷地全体は、約80haにもおよび、名古屋市内でも有数の桜の名所であることから、春になるとたくさんの花見客や観光客でにぎわいます。

 

園内には、「フラワープラザ」があり、「モデルガーデン」や「オランダ風車花壇」といった趣向をこらした花壇を散策しながら、美しい四季折々の花を楽しめるよう工夫がなされています。

 

さらに、名城公園内には、テニスコートや野球場などの設備も充実しているため、スポーツ愛好家にも人気のスポットになっています。

豆知識②