最近こんなご相談が増えています(3)

最近こんなご相談が増えています(3)濃緑 (660)

③「“この街で”住み替え計画中!」

「同じ街での住み替え」の場合、環境の変化が少ないため、通勤、通学に影響がなく、家族の負担が少ないことが大きなメリットです。

●「子供の成長でもう一部屋増やしたい。」でもこのマンションは気に入っています。

●「家族構成が変わり、間取りが合わなくなってきた。」でもこの街は気に入っています。

マイホーム 家族④(640)

「ご相談内容」

同じマンション間取りの違うお部屋を探しています。

●子供が巣立ち、便が良い駅前のマンションへ住み替えを計画中です。

●子供の転校が嫌だから、この学区のマンションを探しています。

●お盆に子供夫婦と同居の話が出て、同じ町内で2世帯住宅用地を探しています。

●赤ちゃんが生まれたので、この街で建売住宅を探しています。

●結婚が決まり、奥さんの実家の近くで新居を探しています。

●現在、両親と同居中ですが、同じ町内で世帯を分けて住むことになりました

キーワードは「この街が大好き!」

「慣れ親しんだ街」はみんな大好きなものです。

 

「今住んでいる同じマンション」で4LDKの物件が売りに出ていたので住み替えました。

 (前の部屋は将来の息子用として考えていますが、それまでは賃貸をする予定です。)

●築35年の一戸建てに住んでいましたが、「便が良くて安気な駅前の新築マンション」に住み替えました。

●転勤族ですが、子供が小学3年生と5年生で、「同じ学区内の中古マンション」を購入しました。

 

「長年住んだ、同じ町内など生活圏が変わらない住み替え」の場合、「通勤」「学校」「病院」「塾」「スーパー」「駅」「公園」「友人・知人」など環境の変化がないため、家族の負担が少ないことが大きなメリットだと言えます。