③「千種区」どんな街?

千種区①

(1)高級住宅街と文教地区をあわせもつ街「千種区」

名古屋市でも、地下鉄東山線沿線の高級住宅街と文教地区をあわせもつ「千種区」は、ご家族の将来を考えてもメリットが存分に感じられる名古屋のトップエリアのひとつ言えます。

 

名古屋市千種区は、天白区の北西に隣接しており、面積は18.18k㎡を占めています。

 

名古屋市ホームページによると、2019年5月1日時点における千種区の人口総数は165,939人、総世帯数は87,752世帯となっています。

 

千種区の中央付近「覚王山~本山地区には、丘陵地帯が広がっており、名古屋市内でも「八事地区」同様に有数の高級住宅街となっています。

 

また、地下鉄名城線「名古屋大学」駅にある「国立名古屋大学」をはじめ、様々な学校が点在している文教地区としても有名なエリアと言えます。

 

そのおしゃれな街並みを活かして、結婚式場やレストランウエディングやゲストハウスウエディングができるお店が多く点在しているのも特徴のひとつです。

 

「千種区」の東部には、「東山動植物園」をはじめとした、緑豊かな街並みが広がっています。都市部にある森林公園としては国内最大級とも言われている「なごや東山の森」もこの地区にありますので、遊歩道も整備されていて豊かな自然を身近に感じることができると思います。

 

「千種区」の西部には、地下鉄東山(桜通)線「今池」駅周辺を中心とした繁華街が発達しており、活気のある各種飲食店が軒を連ねています。

 

このエリアは、大型スーパーや銀行等金融機関、企業のオフィスなども多いエリアです。

 

名古屋市千種区の賃貸物件は、月々の家賃相場は6万円台から18万円台となっています。

 

間取り別に見てみると、1R~1LDKの場合は月々6.5万円程度、2K~2LDKの場合は月々9万円強、3K~3LDKの場合は月々12万円程度、4K以上の場合は、16万円程度が目安となっています。

 

 

(2)季節の花を楽しめるスポットも充実

「千種区」には、季節に応じて美しい花を鑑賞できるスポットも充実しており、都会のオアシス的な存在になっています。

 

地下鉄東山線「池下」駅から約4.7kmにある「千種公園」は、「ユリの名所」として知られており、開花時期になると大勢の人が訪れます。公園内には、1万球・20種類以上のユリの美しい花畑が広がり、品種の解説も添えられているそうです。

 

春になると、桜の名所として「東山植物園」「桜の回廊」も有名ですので、是非出かけて見て欲しいと思います。ソメイヨシノや八重桜など全国の様々な品種約100種類、3800本ほどの桜を一度に鑑賞することができ、芝生の上に寝転んでゆっくりとくつろぎながら花見を楽しむ人たちもいらっしゃいます。

 

 

 

 

千種区(千種公園)

(3)大学のキャンパスが多数集結

千種区内には、国公立大学や私立大学のキャンパスや、私立大学付属の中学校・高校が多数集まっています。国立「名古屋大学」は千種区不老町にあり、街全体の大半を占めるほど広大な敷地に大学のキャンパスが建っています。

 

さらに、私立女子大の名門である「愛知淑徳大学」や「椙山女学園大学」は地下鉄「星ヶ丘」駅近くにあり、近隣には、「愛知淑徳中学校と高等学校」も校舎を構えています。

 

千種区の北千種には、「名古屋私立大学」の芸術工学部および大学院芸術工学研究科のキャンパスがあるほか、私大の「愛知工業大学」や「愛知学院大学」の一部キャンパスも千種区内に点在しています。

(4)ファミリー向けレジャースポット

家族で楽しめるレジャースポットの代表格は、なんと言っても地下鉄東山線「東山公園」駅徒歩3分のところにある「東山動植物園」が挙げられます。

 

動物園・植物園に加え、遊園地や東山スカイタワーがあり、敷地面積は59.6ヘクタール(※東京ドーム約13個分だそう)です。

 

「東山動植物園」は、2017年に80周年を迎えた名古屋市民に愛される動物園で、来園者数は東京の「上野動物園」に次ぐ国内2位という名古屋の観光名所としても人気のスポットです。

 

近年は、コアラだけでなく、イケメンゴリラの「シャバー二」やフクロテナガザルの「ケイジ」の鳴き声でも有名で、飼育種数は「日本一」で約550種もいるのだそうです。

 

また、植物園では、約7,000種類の植物が展示されていますので、一日中季節の花やさまざまな木々を愛でながらのんびりと過ごすことができます。。

 

東山スカイタワーには、高さ214mから美しい眺望を楽しめる展望台やスカイレストランがあり、名古屋市内を一望できるスポットとしても人気です。

 

毎年夏に開催される「ナイトZOO&GARDEN」企画により、夜間にライトアップされる動植物園を楽しむことができますので、是非一度出かけてみてください。

 

(※「東山動植物園」につきましては、こちらの罫線部分クリックしてください。)

 

 

 

 

(5)「千種区」はとってもおすすめです!

急な会社の転勤で、「はじめて名古屋に住む」となると、住む場所に土地勘もなく、判断できる情報はたくさん欲しいと思います。

 

特に、お子さんがおみえの場合は、心配ごとはさらに大きいと思います。

 

その点、「千種区」は、東山動植物園もあって、学校もたくさんあり、交通も名古屋の地下鉄で一番利用客が多い「地下鉄東山線」があるため大変便利です。

 

名古屋屈指の高級住宅街である「千種区」は、子育て中のご家族にとっておすすめな街だと思います。

 

どうぞ「千種区」の不動産売買のことでしたら、お気軽にお問い合わせください。

家族⑰